ここに注意!住み込みで工場で働くデメリット

門限やルールに縛られる場合もある

工場の求人には、寮付きをアピールしている企業もあり、住み込みで働くということについて、どのようなデメリットがあるのか疑問に思っている方もいますよね。住み込みとは、文字通り仕事場が提供している部屋のことで、工場の場合は同じ建物の2階や、工場のすぐ近くにある寮を部屋としていることが多いです。デメリットとしては、企業によっては門限やルールなどを設けている場合があり、多少の不自由さを感じることが挙げられます。また、工場自体が街から離れていることも多く、仕事終わりや休日などで気軽に遊びに行けないこともあります。さらに、間取りや日当たりなど、自分の好む部屋を選べないということもあり、与えられた部屋が気に入らない場合は、生活をしていく上では不満を感じるかもしれません。

人付き合いが上手いスキルが必要

その他には、仕事場の近くで生活をするため、どうしても仕事を中心とした生活を送ることになり、人によっては仕事から切り離した休日を送れない人もいるかもしれません。また、ワンルームでは隣の人との付き合いを考えなければならず、生活音や話し声などの音に関するトラブルに気を付ける必要があります。そして、トイレや洗面所などが共有の場合はきれいに使用することが求められ、顔を合わせた時の挨拶なども身に付けたいところです。仕事仲間と共同の部屋の場合は、その人との相性が良ければ問題はありませんが、それでもプライバシーを守るのは難しく、ましてや相性の合わない人との生活は疲れるというデメリットがあります。住み込みの工場の求人を探す時は、このようなデメリットも考慮して探すと良いでしょう。