体を動かす工場の仕事内容

工場の敷地内を移動する機会が多い業種の詳細

工場の仕事はライン工や機械操作など一か所に留まって作業を行うイメージがあります。しかし、工場の仕事は多岐にわたり、部署によっては屋外での作業に匹敵するほどの移動を要することもあります。工場の敷地内での移動頻度は荷物の出し入れに関わる業務が最も多いのが普通です。トラックなどの車両の誘導や荷物の運搬など、一日に何度も移動を繰り返すことになります。建物の構造や扱う荷物の性質によっては徒歩で移動する必要に迫られるので、肉体労働並みに体力を消耗します。また、製品や機械部品の管理を行う部署も工場内を頻繁に行き来する機会が多いので、荷物を扱う部署と同様に体力を消耗しやすい傾向があります。そのため、自分が配属される部署の業務内容を把握して体調を整えるのが安全に仕事を行うための心得です。

工場での仕事を安全に進めるための注意点

工場内での仕事は基本的に一か所に留まって作業を行いますが、荷物の搬出流や車両操作などの業務に就いている場合は敷地内を頻繁に動き回ることになります。工場は機械設備や資材、製品などが各所に点在していることから移動時の視界が狭くなりやすい傾向があります。死角になっている所から人が出てくると衝突して思わぬ事故を招くことがあるので、移動の際は必ず周囲の安全を確認することが重要です。また、製品や資材などの重量物を持ちながら移動する場合は自身の安全にも気を配る必要があります。重たい荷物を持ち歩く行為は体に大きな負担をかけるので、無理をすると肩や腰の痛みが生じて仕事を続けることが出来ません。そのため、荷物を運ぶ際は台車などの補助具を使うか、複数人で作業に当たることを心がけます。